3年ごとの11月に・・・
タイトルの通り、犬猫がやってくる! 果たして次の三年目は?
blogtop.jpg
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


購入された方多いかも。
ハードカバーしか無かった時は、否定的なレビューが多かったので
二の足を踏んでたけど、文庫本ならばと・・・・

原作者の名前にも心くすぐられ?

えっ?
そこ?

無題


主人公の病気は私のと違って重症化する場合があるけど
やはり場所が場所だけに
共感してしまいますね。


レタス
キャベツ

猫の名前を野菜で付けると・・・・・・・・

元気 → タマネギ 【オニオンスープ】
優輝 → 白菜 【白菜のクリーム煮】

見たまんまやぁ~ん! ですな。。。。

ちなみに蛇足で料理にしたのが【】内デス♪

華華(はなか) → ミニトマト
雅香(ガガ) → パプリカ
風風(ふうか) → カボチャ

昨日寝ながらら考えてたので、
女子の料理までは思いつかず ><;

これって結構楽しいから
皆さんもご自分のうちの子達ならばと
考えてみたら?
もし思いついたら是非、教えて下さい♪


無題


こちらまで購入♪
ちなみに映画化するってゆーから絶対に見に行く♪
大好きな 佐藤健君 が主演だしね♪
ミーハーと笑わば笑え!
(ちょっとイメージ違うけど、許すよぉ~)








東京都大田区で、猫が30匹以上不審死して
30歳の男が取調べを受けていると
yahooニュースで見て愕然としています。

犠牲になった子達・・・
苦しかっただろうな。
きっと何でこんな目に遇うのと?
中には人間を信じてた子も居たんだろうに・・・
ごめんね。ごめんね。。。
安らかに眠ってね。



同じ人間という種である事がつくづく嫌になる。
人間を嫌いになったらもう最後かなと思うのだが
なんでこんな非道な事が出来るのだろうか?

こうゆうニュースに接する度に
人間不信に陥ってしまいます。
地球も人間が居ない方が幸せかなと?



暖かいコメントありがとうございます。
この場で申し訳無いのですがお礼申し上げます。
極力お邪魔するようにしていますが
何故か入れない所もあります。


ところで

8月24日の 

ワンダフルライ フ(日曜21:00pmフジテレビ)

ご覧になりましたか?

滝川クリステルさんがゲストでした。

この番組を見るまで、彼女がこんな活動をしていたのを知りませんでした。


田中美奈子さん


杉本彩さん

活動は以前から知っていましたが

こういう発言力のある方達が保護啓蒙活動をすると影響力がありますものね。




無題


amazonで見つけてさっそく購入♪

私と会う予定の人(?)で読みたいって方にはお貸ししますよ。



人間(私のね)の身体もボロボロだけど
家もボロボロ・・・一昨日の朝、電気を付けようとしたら
照明器具と天井の間の取り付け位置から火花がっ ><;
不在時に火災が起きても困るので取り外して貰い
そのバタバタで(気づかないうちに)元気が脱走していたらしい・・・
帰宅したらどこからともなく、鳴き声が!
フッと見たら、玄関脇に見慣れた猫が!!!
思わず「なんであんたがここに居るのよぉ~」と叫んでました。
ザクッと10時間は、お外を堪能してたけど
いい加減に中に入って、ご飯を食べたかったらしい。
でも捕まえようとすると逃げるのよ orz

やっぱり出掛ける前の点呼は必要!遅すぎっ

それだけ楽しんだのなら、次の日散歩はパスしてもいいんじゃない?
散歩は別物なのかっ?










まだ8月だと言うのに・・・
10度近くいきなり気温が下がったせいで
病み上がりの身体にはキツいです。

何とか行きはじめた仕事も休み寝込んでいます。

ただ猫達との距離は格段に近くなっております。

DSC02470_convert_20140901115652.jpg

こーだものっww

まっ、私もものすごい悪寒がして寒くて仕方なかったけどさぁ~!!

DSC02463_convert_20140901115304.jpg

って事は、私も限りなく猫に近いって事?

真冬は漬物石に限りなく押される漬物になる季節がやって来るw











事の始めは今年2014年の4月半ばの事でした。

例の持病とも言える原因不明の「眩暈&吐き気」が続き
近くのJ医院に行ったら紹介状を書くから、
最短で出来る「MRI検査」を別のT病院で受けて来いと・・・

結果はGW後になり、検査結果を持ちJ医院に戻ると
今度は又、紹介状を書くからK・T病院(この近くでは一番大きい総合病院)へと
病名が出る前に、たらい回しかっ!?
そこで診察を受け、造影剤を飲んで受ける3DのCT検査まで受け
結果は「未破裂脳動脈瘤」が右脳の目の後ろにあり
どうも、医師が手術を薦める大きさ(6mmちょっとほど)になってるらしい。

放置して破裂するといわゆる「くも膜下出血」が起き
死亡率、重度の後遺障害が残る可能性が
それぞれ30%・・・その他の人は何事もなく生活出来るらしいが
それに賭ける勇気は無いし、爆弾抱えて何時破裂するか考えて生きるのも辛いので
勿論、手術によるリスクもあると散々脅かされましたがね。

と・・・・・言う事で6月25日に入院・翌26日に手術を終えました。
初めの説明では何も無ければ、手術は3時間くらいと言われたが
実際は麻酔の回復を含め、8時間以上掛かったらしい。

ここまで書くと、えっ?ハゲにされたの?と思うでしょ~
右耳の上から正面おでこの上まで、20cmちょっとの傷があって
髪でカバー出来るようになってますが
髪の毛を上げると、フランケンシュタ子みたいです!!!
切開面は毛根が潰れててもう毛は生えないらしい・・・

24日間の入院で、7月18日に退院しその後自宅でリハビリを兼ね
8月に入り、少しずつ仕事や車の運転等している状況です。
この暑さのせいもあると思うのですが
少し動くと「へろへろ」になります。
熱が出たり、酷い頭痛がするとかは無いのですがね。

今回、大袈裟ではなく・・・・・

「死」

と言うものと現実に向き合う事で色々必死になり考えました。
死ななくても、後遺障害が残り
話す事も出来ず、麻痺し寝たきりになったらと!

手術等の関門は取り合えず通過しましたが
今回、かなり広い範囲の脳梗塞もあるので
又、梗塞が起きる可能性も有り
今回、肝臓に膿腫も見つかり
今後の自分の健康状態に自信が持てません。


そんな大袈裟なと思われる人も居るでしょうが
今回の事で、向き合う事・出来うる準備をしておく事。
そして人間関係の大切さ・ありがたさを身をもって知った事は
素晴らしい有意義な事でした。


一番に考えた事はやはり5匹の猫達の事。
引き取りが無理ならば、行く末(里親)を探して欲しいと
猫友達に頼み、ボラさんにも声を掛け・・・・

まぁ、今居る5匹達を何とか最後まで私が看取れればいいのですが
そして・・・・・看取るまではと頑張る気力にしていかねばとも思うのです。



取り合えず5匹のプロフィールを加筆しながら
ここに残したいと思います。
いいも悪いも書いておけば
5匹の事を理解してくれると思うし。。。


↓ 個々のプロフィールは右サイドバー →
「プロフィール CAT」の
丸枠の写真をクリックすると紹介記事に飛びます♪



これが今の在りのままなので
どうかご心配なく。
無理せずぼちぼちやってますのでね。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。